プリザーブドフラワーの魅力

subpage01

プリザーブドフラワーとは、造花でもドライフラワーでもない新しい種類の花です。


生花に特殊加工をして、長期保存と様々な色づけを可能にした花です。



この方法を施すことで、1〜2年の間は生花の風合いを持ち、鑑賞を楽しむことが出来るのです。
プリザーブドフラワーの魅力は、長期保存できるだけではなく、成果の持つ水分を吸い上げる力を利用して色づけしてあるために、存在しない色を自然な風合いで楽しむことが出来ることにあります。
プリザーブドフラワーが吸い上げる保湿成分は、潤滑時には空気中の水分を吸い、乾燥時には吐き出すことで呼吸するようにみずみずしく繊細な姿を保っているのです。


このプリザーブドフラワーは様々な楽しみ方があります。

大切な人から贈られた花を、そのままの風合いやまたはオリジナルの色合いにかえて楽しむことができたり、花瓶に飾るだけではなく、フレームに装飾したり、アレンジして様々な場所に飾ることも可能です。

また贈る楽しみも大きいものです。



普通の花色ではなく、自分なりにアレンジした色を出して世界でたった一つの花束にして贈ったりもできるのです。


大切な人の大切な記念日や結婚式で使用するブーケやコサージュにすれば、他にはない自分だけのお花になり思い出も倍増します。

マイナビニュースに関する詳細はこちらです。

近年このプリザーブドフラワーは人気が上がっており、様々なお祝いの品として、または趣味として作る方も多くなりました。

生活を美しく、楽しく、心を癒すものとして現代に合ったお花の形と言えます。